2018.12.03

ユーベとロナウドがまたも記録更新。
その眼中にはCL制覇しかない

  • パオロ・フォルコリン●文 text by Paolo Forcolin 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 ユベントスとクリスティアーノ・ロナウドの好調が止まらない。それは12月最初の試合でも証明された。

 12月1日、ユベントスはアウェーでフィオレンティーナに0-3と圧勝。ロナウドもPKからダメ押しの3点目を決めた。ユベントスは今季これまでセリエAで唯一、アウェーで全勝。一方のフィオレンティーナはホームでは一度も負けなし(4勝2引き分け)だった。ホームでめっぽう強いチームとアウェーで最強のチームの対決に、その行方が注目されたが、ふたを開けてみればフィオレンティーナはユベントスの敵ではなかった。

フィオレンティーナ戦で今季10得点目を決めたクリスティアーノ・ロナウド photo by Getty Images ユベントスはこの試合で、いくつかの記録をうち立てた。14試合で勝ち点40というのはセリエA史上最高の成績。またアウェー戦で毎回確実に2得点以上をあげているのも、これまでに例がない。すでに2位のナポリを大きく引き離し首位を独走している。

 好調の源はやはりクリスティアーノ・ロナウドだろう。14試合で10ゴール5アシストという数字も、セリエAでは1957-1958シーズンにまで遡らなければ見ることはできない。ただし当時は、今とはスピードもテクニックも異なる、牧歌的なサッカーだったはずだ。

 得点王争いでは今季ジェノアでブレイクした23歳のクリストフ・ピアテクと同点首位だが、最終的に得点王に輝くのは、やはりロナウドだろう。

 セリエAだけではない。チャンピオンズリーグ(CL)でもロナウドは新たな伝説をうち立てた。先週のバレンシア戦にユベントスが1-0で勝利したことで、CL100勝を達成したのだ。世界最高峰のこの大会でこの大台に乗った者は、彼の他にはいない。最大のライバル、リオネル・メッシ(バルセロナ)でさえ、未だたどり着けていない記録だ。