2018.12.05

ベルギー記者も大絶賛。
遠藤航の「血と汗と涙」がハートを揺さぶる

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 DMM.comが経営し、日本人選手を5人も獲得したことで飛躍的に知名度を高めたシント・トロイデンは、選手が14ヵ国から集まる多国籍軍団という側面も持つ。一見、一筋縄ではいかない集団のように思えるが、実際にはチームスピリッツに満ちたすばらしい試合を演じている。ベルギーリーグ第17節を終えて、5位という成績は立派なものだ。

アントワープ戦で激しいチャージを見せる遠藤航 チームのコアメンバーはある程度固まりつつあるが、出場停止や負傷、不振によってメンバーを代える必要がある場合、マーク・ブライス監督は代役のメンバーと戦術のチョイスをいくつも持っている。

「多様性がSTVV(シント・トロイデン)の秘密。選手たちは4大陸にまたがり、異なる文化、異なる宗教、異なる言語が混ざっている。だが、彼らは非常に仲がよく、お互いに助け合ったり、かばったりしている。戦術的にも柔軟。それが化学反応を生んでいる」(ブライス監督)

 第16節のアンデルレヒト戦でストライカーのヨアン・ボリがイエローカードを受け、次節のアントワープ戦に出られなくなってしまった。そこでブライス監督は中盤を厚くする布陣を採用し、遠藤航を3試合ぶりに抜擢した。

 それは開始20秒の出来事だった。アントワープのMFオマル・ゴベアのボールタッチが少し大きくなった。すると遠藤は、ゴベアを吹き飛ばすぐらいの勢いで猛然とアプローチし、身体を入れてボールを見事に奪い返した。

「彼を抑えるように(監督から)言われていました。(ゴベアが負傷退場したため)彼のケガの具合が心配ではあるのですが、試合の最初はあれくらい行く姿勢を見せたかった。ああいうひとつのプレーで、チームの士気は上がります。チーム全体として前から行ってやる、というのが表れたシーンだったと思います」

 アントワープはインテンシティの高いプレーをすることで知られている。だが、シント・トロイデン戦では強度の高さに加えてラフプレーも目立ち、遠藤には中盤で激しく対抗すること、ゲームを落ち着かせることが要求された。