2018.11.30

岡崎慎司と吉田麻也。世界最高峰プレミアで
戦い続ける日本人の矜持

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 岡崎は言葉を続ける。

「『試合に出られるところに行けばいい』という声はもちろんあるし、その考えもわかります。だが、プレミアに来た選手がチャンスを手放すかといったら、手放さないと思うんですよね。

 ここまでやってきた選手としては、『意地でも残ってやる』というのが普通のメンタルだと思う。だから、ここでプレーしている俺らがどこまでがんばれるかは、今後(イングランドに来る)選手のためにもなる。それを証明したいです」

 岡崎慎司、吉田麻也、そして今季からニューカッスル・ユナイテッドに加わった武藤嘉紀。三者三様で状況は違うが、それぞれが所属先での定位置争いで苦戦している。しかし、彼らが身を置いているのは、世界最高峰と謳われるプレミアリーグ。競争は厳しく、勝ち抜くのも難しいが、得られるものは非常に大きい。

 岡崎の言葉に、プレミア在籍4季目のプライドと意地が垣間見えた。

関連記事