2018.12.03

「リスペクトしすぎない」。大迫勇也、
バイエルン戦で美しいゴール

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 今季序盤から不調のバイエルンは11月も散々だった。チャンピオンズリーグで2勝しているものの、ブンデスリーガでは2分け1敗。しかも引き分けたうちのひとつは、今季の昇格組で、降格の可能性すらあるフォルトゥナ・デュッセルドルフだ。ドイツの盟主らしからぬ日々が続いている。

 だからこそ、バイエルンをホームに迎えたブレーメンは勇気を持ってこの試合に臨むことができた。大迫勇也が明かす。

「『リスペクトしすぎないように』とはミーティングから言われていて、しっかりと前からいこうと、プレスをかけていました」

 フロリアン・コーフェルト監督がチームに指示した、守りに入りすぎず、前からボールを奪っていこうとする姿勢は、試合開始直後から明らかだった。だが、戦術以前に、バイエルンの選手の能力が高いことは言わずもがなの事実である。大迫のコメントはこう続く。

「どうしてもサイドの選手が速くて、なかなか難しい部分がありました……」

 大迫は、前半は左で、後半は右で、相手SBをケアするタスクを与えられていた。その一方で、より攻撃面での貢献も求められた。

「自チームのセンターバックが(ボールを)持った時に、もっと中に入ってこいと。外に張るんじゃなくて中に入ってこい、『もっと中に入ってプレーしろ』と言われていたんです。すごくやりやすかったですね」

バイエルン戦でゴールを決め、チームメイトに祝福される大迫勇也「前半の左はできたけど、後半の右サイドはうまくできなかった」と反省するが、この日、ブレーメン唯一の得点を挙げたのは大迫だった。バイエルン戦の得点は、何よりも高く評価され、注目を浴びる。