2018.10.22

日本代表の若手の勢いを見た
原口元気は「自分の強み」を考えた

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ブンデスリーガ第8節、レバークーゼン対ハノーファーの一戦は2-2で引き分けた。日本から戻ったハノーファーの原口元気は右サイドのMFで先発、今シーズン初めてのフル出場を果たした。

レバークーゼン戦にフル出場した原口元気(ハノーファー) 森保ジャパンでは新たな戦力がチームに加わり、存在感をいかんなく発揮した。それはこれまで日本代表を支えてきた選手たちにも大きな刺激になっていた。「新戦力に気づかされる発見があった」と教えてくれたのが原口だった。

 ロシアW杯ではポーランド戦を除く3試合に先発出場し、ベルギー戦では1得点を挙げ、まぎれもない主力だった原口。だが、その後の2018-19シーズンはちょっと出遅れてしまった。

 前所属のフォルトゥナ・デュッセルドルフからハノーファーに新天地を求め、気分も新たに臨もうとしていた矢先のこと。移籍や引っ越しにまつわる手続きの煩雑さから、練習前の個人的なルーティーンをこなせなかったある日、チーム練習の最中に右腿裏を痛めてしまったのだ。

 このときは「すぐ復帰できる、大丈夫」と話していたが、負傷は予想外に長引いた。開幕戦はベンチスタート。第4節ニュルンベルク戦でようやく先発したものの、前半だけで交代。第5節、第6節はベンチからも外れた。原口にとって筋肉系のケガは初めてのことで、試合をしながらでも回復できると考えていたが、思ったようにはいかず、「結局、長引いてしまった」と言う。

 ようやくベンチに復帰したのは、日本代表に合流する直前の第7節シュツットガルト戦。負傷した浅野拓磨に代わって前半14分から途中出場し、これがパナマ戦のフル出場につながった。