2018.10.08

武藤嘉紀が「夢の劇場」で宙を舞う。
ニューカッスルには変化の兆し

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 ニューカッスル・ユナイテッドのFW武藤嘉紀が、「夢の劇場(The Theatre of Dreams)」オールド・トラフォードで宙を舞った。

 1−0のリードで迎えたマンチェスター・ユナイテッド戦の前半10分。右サイドからMFジョンジョ・シェルビーのクロスが入ると、ゴール前で待っていた武藤は胸トラップでボールを上手に収めた。さらに、鋭く切り返してDFアシュリー・ヤングのマークを外し、最後は左足を振り抜く――。

マンチェスター・ユナイテッド戦で待望のゴールを決めた武藤嘉紀 ネットを揺らすと、両手を広げながらコーナー付近まで疾走。高く飛び跳ねてゴールを喜び、駆けつけたチームメートにもみくちゃにされた。自陣に戻る際、先発起用してくれたラファエル・ベニテス監督に向け、小さくガッツポーズしたのが印象的だった。

 利き足ではない左足での得点に、武藤は「左足だったから、逆にしっかりとは狙わないで、とにかく思いっきり打とうと。本当は左サイドを狙っていたが、ちょっと真ん中にいってしまった。だけど、いいコースに飛んでいたら、手の長いGKダビド・デ・ヘアに止められていたと思う。シュートがGKの足もとにいったのがよかった。ラッキーだった」と振り返った。

 この試合は、武藤にとって待望の「初先発」でもあった。

 過去7戦はいずれもベンチスタートで、プレー時間は10〜20分程度。それだけに、「今日、先発で使ってもらって何もできなかったら、それで俺の評価は決まってしまう。しかも、次に使ってもらえるのはいつになるかわからない。7戦やって、やっと回ってきたチャンス。これを逃したら、本当に今季先発で出られるかどうかわからないと思っていた」と、強い決意を持ってピッチに入ったという。

 実際、得点シーンでも、武藤に迷いは一切なかった。背後にはブラジル人MFケネディがフリーで待っていたが、ストライカーとして見ていたのはゴールのみ。「『自分ならできる』という自信があった。こういう強い相手のほうが、モチベーションも高まる。『決める』という自信を結果として出せたことは、さらなる自信につながる」と、定位置確保にアピールできたことに本人も大きな手応えを掴んだ。