2018.09.17

大迫vs久保はドロー。2人が感じた
「チームの問題、個人の課題」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ブンデスリーガ第3節。ブレーメン対ニュルンベルクの一戦は、大迫勇也久保裕也の日本人対決となった。

 日本人選手の対戦自体はいまさら珍しくないが、注目されるのはスイス、ベルギーを経て今季からブンデスリーガでプレーし始めた久保の存在だ。香川真司らの活躍もあって、2010年以降、ブンデスの日本人選手は急増したが、欧州の他国を経てドイツ1部にたどり着くケースはなかった。しかも久保は、ニュルンベルクで即戦力として期待され、加入直後から先発に名を連ねているのだ。

3戦連続フル出場も、無得点に終わった久保裕也 大迫、久保はいずれも4-3-3の左FWで先発したが、無得点に終わり、試合は1-1という結果に終わっている。

 フロリアン・コーフェルト監督が「前半はよかった」と振り返るように、まず主導権を握ったのはブレーメンだった。というより、ニュルンベルクは手も足も出なかった。

 ニュルンベルクはプレスからボール奪取まではいくのだが、攻撃のアイデアに欠け、前線にボールが運べない。ブレーメンはしっかりとボールを保持し、26分にはマキシミリアン・エッゲシュタインが、ペナルティエリア外のやや右の位置から強烈なシュートでニアを破り、先制した。

 ところがこの得点とともに、ブレーメンは勝利を意識したのか、早くも守りに入った。大迫が語る。

「(開幕から)最初の3戦というのは、すごく固くなるなと思いました。1点を獲ったあと、うちは固く、慎重になりすぎたかな。もっと(プレスを)続けていけばチャンスは広がったと思います。でも、ちょっと引いてしまったところで、相手を自由にさせてしまった。もっと前からプレッシャーをかければよかったと思います」