2018.09.03

乾貴士、ダービー勝利に大興奮。
初体験に「熱さのレベルが違う!」

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi Photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 試合はすでに終わっていた。だが、ベニト・ビジャマリンに集まったベティスサポーターは、この試合でベティスに勝利をもたらしたチームのアイドルに敬意を払うかのように、そして今シーズン初勝利の喜びを皆で噛みしめるように、ホアキン・サンチェスがピッチから姿を消すまで立ち続けた。

セビージャ戦にフル出場、勝利に貢献した乾貴士(ベティス) リーガ・エスパニョーラ第3節、セビージャダービー。レアル・マドリード対バルセロナの対戦”クラシコ”以上に激しいライバル意識を持つベティスとセビージャが、まさにアンダルシア州の州都を二分する戦いを繰り広げる。勝てば1年、ライバルサポーターに対して大きな顔ができる一戦だ。

 だからこそ、ベティスは負けるわけにはいかなかった。ましてやチームは、ダービーを戦うまで無得点無勝利と、クラブに忠誠を尽くすベティコに喜びを与えることができていなかった。9月最初の試合で、クラブに少しずつ積み重なっている重たい空気を吹き飛ばすためにも、セビージャとのダービーは引き分けも許されない”絶対に勝たなければいけない”試合だった。

 スタジアムへ向かうチームバスを見送るために100人を超えるサポーターがホテルに集まった。ホテルのレセプションでは、サッカーに興味がないであろう北欧系の太ったお父さんが「何も頼まないサポーターが席を牛耳っており、家族が座って注文ができない」とこぼしていた。

 そんななか、チャントが鳴り響き、選手たちがバスに乗り込んだ。最後キケ・セティエン監督が乗り込みバスが動き出すと、チームカラーの緑の発煙筒が焚かれ、付近はすぐさま火薬の匂いで充満した。