2018.09.04

マンC戦で初の出番なし。
それでも武藤嘉紀は「逆境をはね返す」と誓う

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 ニューカッスル・ユナイテッドの武藤嘉紀に出番は訪れなかった。

 9月1日に行なわれたマンチェスター・シティとのプレミアリーグ第4節。ベンチスタートの武藤は前半から断続的にアップを行なったものの、最後まで出番の声がかからなかった。ニューカッスル入団以来、初めてピッチに立つことなく試合を終えた。

武藤嘉紀はベンチからチーム状況をどう見ていたのだろうか 試合は1-2でニューカッスルが敗れた。スタッツを確認すると、ボール保持率はマンチェスター・Cの78%に対し、ニューカッスルは22%。シュート数も24本(マンチェスター・C)対3本(ニューカッスル)と大差がついた。スコア以上に力の差は大きかったと、そう言わざるをえないだろう。

 昨シーズンの覇者であるマンチェスター・Cに対し、ニューカッスルは5-4-1の守備的な布陣。前節のチェルシー戦に続き、自陣深い場所で5DFと4MFの2ラインを敷き、相手にスペースを徹底して与えない戦術で挑んだ。

 しかし、その目論見は8分に早くも外れる。左サイドからカットインしたFWラヒーム・スターリングが鮮やかに先制ゴール。その後も、ピッチのサイド幅を目いっぱい広く使いながら攻めるマンチェスター・Cがボールを保持し、一方的に攻め立てた。ボールを奪われても、前線の選手がすぐに回収に走るマンチェスター・Cを目の当たりにし、武藤は「チェルシーよりも強かった。全員が献身的ですし、前もサボる選手がいない」と舌を巻いた。

 その一方で、自軍の守備的な戦術については「どうやっていくべきなのかな」とつぶやいた。

 ホームゲームでありながら、超守備的なアプローチを用いた前節のチェルシー戦では、ラファエル・ベニテス監督の采配に英国内でも賛否両論の声があがった。一部報道では、試合前に主将のDFジャマール・ラセルズがベニテス監督の戦術に異論を唱えたという。

 そして、今回のマンチェスター・C戦。相手が8割近いポゼッションを記録したことに、武藤は「こういう戦いをしたら、そうなると思います」と語り、次のように言葉をつないだ。