2018.08.28

岡崎慎司は4年後のW杯を目指す。
ライバル出現も「ゆっくりやる」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 レスター・シティの岡崎慎司が、8月25日に行なわれたプレミアリーグ第3節サウサンプトン戦で今シーズン初出場を果たした。

 1-1の同点で迎えた88分、FWデマライ・グレイとの交代でピッチに入ると、岡崎は4-2-3-1のトップ下の位置についた。岡崎がボールになかなか触れない展開が続いたが、90+2分にDFハリー・マグワイアが決勝ゴール。レスターが2-1で逆転勝利を飾った。岡崎は4分のアディショナルタイムと合わせ、約6分間プレーした。

プレミアリーグ第3節でようやく今季初出場を果たした岡崎慎司 このサウサンプトン戦は、岡崎にとって久しぶりの公式戦出場だった。4月中旬の練習で右足首を痛めると、その後のリーグ戦5試合をすべて欠場。ロシアW杯出場も危ぶまれたが、西野朗監督が就任した日本代表の最終メンバーに選ばれ、代表合宿で別調整しながら本大会への準備を進めた。

 しかしこの間、痛めた足とは逆の左足も負傷。満身創痍でW杯に臨んだが、先発出場したグループリーグ第3戦のポーランド戦でふたたび右足首を痛めた。レスター再合流時もケガは完治しておらず、黙々とリハビリに励んできた。

 そして、サウサンプトン戦で、ついに実戦復帰。6月28日のポーランド戦以来、実に2ヵ月ぶりの公式戦出場となった。自身のコンディションについて、岡崎は次のように説明する。

「長い間、痛みながらやっていたんで、100%でなかなかできないところもあったんですけど、今はもう徐々によくなってきているし、そのストレスも徐々になくなってきている。まあ、これをやりながら、フィットさせていくというか」

 その一方で、今オフを経てレスターでは、選手の顔ぶれが大きく様変わりした。リヤド・マフレズ(現マンチェスター・シティ)やレオナルド・ウジョア(現パチューカ)など古株が退団し、代わりにリカルド・ペレイラ(前ポルト)やジョニー・エバンス(前WBA)といった新戦力が加わった。そのなかでもとくに注目されているのが、イングランド2部リーグ(フットボールリーグ・チャンピオンシップ)のノリッジから加入したイングランドU-21代表MFのジェームズ・マディソンである。