2018.08.17

乾貴士は歌ってベティスに溶け込む。
上がった期待度にはゴールで回答を

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Getty Images

 リーガ・エスパニョーラで4年目のシーズンを迎える乾貴士

プレシーズンマッチ、フロジノーネ(イタリア)戦に出場した乾貴士 ロシアW杯での活躍により、日本でもその名をサッカーファン以外にも知られようになった日本代表MFにかかる期待は、新天地ベティスでも大きい。それを証明するように、本拠地ベニト・ビジャマリンで行なわれた2度目の入団会見には、約4000人のサポーターが集まった。

 昨シーズンまでプレーしたエイバルのスタジアムの収容人数は7083人。そのおよそ半分ものサポーターが駆けつけたのだから、乾にとってもサプライズだったはずだ。それはピッチに姿を現したとき、ちょっと驚いたような表情を見せたことでもわかった。サポーターは、乾がリフティングでボールに触れるたびにリズムを取るようにコールをかけ、トリックプレーを見せると大きな歓声をあげた。

 乾の獲得が決まると、地元紙はセビージャに住む日本人とスペイン人のカップルを一面で紹介。「最初はアンダルシアの生活には驚きがあって大変だろうけど、その後には幸せが待っている」と、セビージャ在住の"先輩"の体験談を伝えるなど、暖かく迎えていた。

 スペインでも1、2を争う熱狂的なサポーターで知られるベティス。その熱さにより、時には一部のサポーターが、サッカーではあってはならない暴力沙汰などの問題を起こすこともあるほどだ。

 ただし、多くのサポーターは純粋にクラブに忠誠を誓っている。だからこそ、選手に対する要求は他のクラブよりも高く、乾が感じるプレッシャーは、エイバルのときには感じられなかったほど大きなものになるはずだ。