2018.07.19

モドリッチが述懐。クロアチア快進撃の
きっかけとなった「監督の言葉」

  • ズドラフコ・レイチ●文 text by Zdravko Reic 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 初戦のナイジェリア戦から、決勝のフランス戦まで、いやその後チームが凱旋するまでのあの熱い日々を、いったい何と言葉で表したらいいのだろう。

凱旋帰国したクロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督(左)とルカ・モドリッチ photo by AFP/AFLO 残念ながら決勝ではフランスに敗れてしまい、しかも致命傷となった最初の2失点はクロアチア人にとっては納得のいくものではなかった。だが、試合後、チームを率いたズラトコ・ダリッチ監督は、ジャッジのことには触れず、ただこう言った。

「すばらしいW杯をプレーし、クロアチアの人々の心をひとつにしたことを、私は誇りに思う。経済の伸び悩み、人口の流出、失業率の増加と、クロアチアはいま、多くの問題を抱えているが、人々はしばしそれを忘れ、我々に熱狂してくれた」

 クロアチアの成功の秘密をひとつあげろと言われたら、誰もが「ダリッチ」と答えるだろう。彼はクロアチア再生の立役者であり、彼のもとでチームは生まれ変わった。

 ダリッチが初めて代表に合流したのは、キエフに飛び立つ直前の空港だった。そのときクロアチアは、あと一歩でW杯出場を逃してしまう状況にあった。予選最終戦でウクライナに、そしてギリシャとのプレーオフに勝たなければ、我々はロシアに足を踏み入れることもできなかった。それが決勝を戦うまでになるとは、誰が予想しただろう。

「思えばあのウクライナとの予選最終戦で、我々は自身を取り戻し、自分たちの可能性に気づいたのだ」

 ロシアW杯最優秀選手に輝いたルカ・モドリッチは、これまでの道のりを振り返ってこう言った。

「それはダリッチ監督のある言葉がきっかけだった。彼は我々選手に何を言ったらいいのか、どう言ったら選手の寄せ集めが本物のチームになれるのかを知っていたんだ」