2018.06.27

完璧なミッション遂行。今大会
ワーストゲームでフランスの優勝が見えた

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 今大会初のスコアレスドローは、極めて退屈な、ある意味でワールドカップのグループリーグらしい試合だった。

 グループCの第3戦、勝ち点6で首位のフランスと、勝ち点4で同2位のデンマークとの対戦は、0-0の引き分けに終わった。これといった見せ場もないまま、ともに勝ち点1ずつを加え、そろってグループリーグ突破である。

 凡戦の理由を突き詰めて考えれば、その責任がデンマークにあるのは間違いないだろう。なぜなら、この試合をどんな試合にするかの”選択権が与えられていた”のは、デンマークのほうだったからだ。

 この試合、デンマークは引き分け以上で自力でのグループリーグ突破を決められたが、結果次第で通過順位は変わっていた。勝って勝ち点3を加えられれば、フランスを抜いて首位通過。引き分けの場合は、2位通過である。

 ただし、あまり勝ちにこだわりすぎて逆に敗れるようなことがあれば、同グループのもうひとつの試合でオーストラリアがペルーを破った場合、オーストラリアに勝ち点で並ばれ、得失点差次第ではグループリーグ敗退の可能性も生まれてくる。

 では、デンマークはどうすることを選んだか。オーゲ・ハレイデ監督が語る。

「この大会が目標であり、決勝トーナメント進出が目標だった。決勝トーナメントへ進むためには、1ポイント(勝ち点1)が必要だった」