2018.06.03

コロンビア番記者「日本は準備不足だ。
ニシノ? 知られていないね」

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao photo by Getty Images

 3月のインターナショナルマッチウィーク、コロンビアはパリで行なわれたフランス戦に3-2と勝利し、ロンドンで行なわれたオーストラリア戦は0-0で引き分けた。コロンビアの首都ボゴタ在住で、欧州まで取材にきていたサッカージャーナリストのカール・ワーズウィック氏は、こんな印象を持ったという。

「コロンビアが4年前ほどいい状態にないことは確かだが、フランス戦の後半はすばらしかった。2点のビハインドを跳ね返して勝利を収めたことは、失いかけていた自信や信念を取り戻すきっかけになるかもしれない。なにしろ、コロンビアは南米予選のラスト4試合でひとつも勝利がなかったからね。

好調を維持しているハメス・ロドリゲス もちろん、テストマッチの勝利にそれほど意味がないことは承知しているが、本大会3カ月前に優勝候補の一角であるフランスに勝利した意味は大きい。手薄な中盤でマテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)が好パフォーマンスを見せたことも前向きな要素だし、4年前、ラダメル・ファルカオ(モナコ)のケガにかなり頭を悩ませたことを思えば、現時点で主力にケガ人がひとりもいないことは特筆すべきことだといえる」

 一方、ベルギーで行なわれた日本対マリ(1-1)も現場で取材したというワーズウィック氏は、日本の戦いぶりについても触れた。

「テストマッチは新しいアイデアや選手を試す場とはいえ、日本の戦いぶりが物足りなかったのは否定できない。後半は何度か前線でのいい動きも見られたが、全体としては攻撃の迫力を欠いており、ラストパスはもれなく的外れだった。