2018.04.29

ハンブルガー残留のキーマンとなった
伊藤達哉。日本代表入りはあるか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 勝利の立役者であるが、本人は後半の戦いぶりを反省した。

「もう自分たちの状況とかを考えないでプレーできたので、前半の最後のほうとかは何も考えず2得点に絡めたんですけど、ハーフタイムにちょっと落ち着いたときに、自分の中で2-0で勝っているというのが、逆に体を重くしちゃった部分がある。追われる立場になったという試合の中での状況が、自分をちょっと萎縮させてしまったので、それは学ばないといけないと思う」

 それはよく言われる「2-0は怖いスコア」などという意味ではない。

「今のチームの状況について、チームの歴史(過去に1度も降格がない)とかも、一応、僕は頭には入れているつもりなので、たぶん、そんな生半可なプレッシャーじゃないと思っている。一回そうやってプレッシャーがかかったときに。いかに後半、立て直すかというのは課題だなって、今日はずっと考えていました」

 伊藤はしっかりと言葉を吟味しながら、試合を振り返った。

 地元紙の記事を含めて、日本代表入りについても取りざたされているが、それについては「今はとりあえずチームの状況がこんな感じなので、W杯のこととか、僕もニュースにしてもらっているというのはなんとなく聞いたんですけど、全然気にしていない」そうだ。

 酒井はそんな後輩についてこう話す。

「頼もしいですね。うちのチームの武器かな、と思う。自信を持ってプレーしている。若いからまだまだ時間あるし。(ハーフタイムに)2点に絡んですごく褒めたけど、こういうときこそ『でも、お前が上のレベルにいくならこれからだぞ』と言いました。