2018.04.03

待望論も出る岡崎慎司、日本代表を語る。
「ハリルJの助けになれる」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 レスター・シティの岡崎慎司が3月31日に行なわれたブライトン戦で先発した。

 ポジションは4-2-3-1のトップ下で、今節も最前線のFWジェイミー・バーディーと中盤をつなぐリンクプレーをこなした。しかし、チームが一向に機能しない。ブライトンが最終ラインを深い位置に設定したため、バーディーの”縦抜け”ができない。しかも、サイドバックがほとんど上がらなかったように、徹底的にスペースも潰してきた。そのため、ドリブル突破が得意なMFリヤド・マフレズの個人技も活きなかった。

招集されなかった日本代表戦を見た岡崎慎司の感想は? チャンスの糸口さえ掴めないレスターのなかで、岡崎も苦しんだ。なかなかいい形でボールを受けられず、時間だけが経過していく。しびれを切らしたクロード・ピュエル監督は、後半に入って交代策に動く。岡崎との交代でドリブラーのFWフセニ・ディアバテを投入――。岡崎のプレミアリーグ第32節は56分で終了した。

 レスターは試合終盤に2点を奪って勝利したものの、試合後、岡崎は反省の言葉を口にした。

「みんな疲れもあったのかなという感じだったし、厳しい試合でした。今日は相手もよかった。けっこう、しっかり守られていたんで。カウンターになっても、相手がしっかり残っていた。

(自分としては)ゴールを目指す前に、チームの勝利につながるようなプレーをしないといけない。そういう意味では、どちらも(ゴール&勝利に貢献するプレー)物足りなかったと思う。チームを勝利に導くには、ちょっとほど遠いプレーだった。ただ、『もっとできるな』という感じはありました」

 このブライトン戦の前には各国で国際マッチが行なわれ、日本代表はマリ代表、ウクライナ代表との強化試合を消化した。今回の代表戦で招集を受けなかった岡崎も、日本代表の試合をチェックしていたという。「代表に選ばれていない人間なので、僕が何か(意見)を言うことはない」と前置きしたうえで、次のように話した。

「日本代表戦? 見てました。『自分にもチャンスはあるんじゃないかな』と思う。僕だったら、『何かしらの助けになれる』と思いながら見ていました。