2017.11.29

スペイン2部の鈴木大輔は信じている。
「日本代表にはきっと入る」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Nakashima Daisuke/AFLO

前編「3億円のオファーを断った理由」を読む>>


「日本代表には、しかるべきタイミングがあって、きっと入る。今はそう信じています」

 リーガエスパニョーラ2部のヒムナスティック・タラゴナ(以下、ナスティック)で3シーズン目となるディフェンダーの鈴木大輔は、その胸中を明かしている。代表で最後にプレーしたのは、ハビエル・アギーレ前日本代表監督時代の2014年10月、ブラジル戦だった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの招集は未だにない。今月の欧州遠征でもメンバー入りはしなかった。

「代表でプレーしたいというのは、もちろんあります。でも、それに執着したらいけない、とも思っていますね。自分はスペインに、"どれだけ成長できるか"というので来ていますから。そうすることで、代表の道も開けるはずって。ただ、ネットニュースとかで情報は伝わってくるので、それを見たりすると、焦りがないといえば、嘘ですよ。不安もあるけど、目的を見失っちゃいけないって自分に言い聞かせています」

試合後に対戦相手と握手をかわす鈴木大輔。チームメイトとのコミュニケーションにも不安はない 鈴木は「自分のプレーを高める」という純粋な向上心をテコにして異国での戦いに挑んでいる。そのプロセスの中で、W杯のような華やかな舞台もあるはず。そう腹を決めている。