2017.11.21

岡崎慎司、4-3-3のMF起用。
レスター変革の荒波に居場所はあるか

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 レスター・シティは11月18日、プレミアリーグで首位を快走するマンチェスター・シティと対戦。0-2というスコア以上の完敗を喫し、クロード・ピュエル新体制後の成績は1勝1分1敗となった。

岡崎慎司は4-3-3のインサイドMFとして後半から途中出場 なにより驚いたのは、直近2試合で4-2-3-1を採用したピュエル監督が、この試合では新しい布陣にトライしたことである。前節ストーク・シティ戦で4-2-3-1のトップ下に入った岡崎慎司を先発から外し、代わりにマーク・オルブライトンを起用。ウィンガーを本職とするオルブライトンをインサイドMFに配した4-3-3で臨んだ。

 しかし、レスターの出来うんぬんよりも、マンチェスター・Cの出来のよさが際立つ一戦であった。テンポよくパスをつなぐマンチェスター・Cは、15分経過時で72%のポゼッションを記録。ケヴィン・デ・ブライネとダビド・シルバのインサイドMFを中心に攻撃を編成しながら、両翼のレロイ・サネとラヒーム・スターリングがサイドを上手に突いて、じわりじわりと押し込んだ。

 マンチェスター・Cは前半終了間際、ショートパスを巧みにつないで先制。さらに後半開始直後にも自陣でのピンチからロングカウンターに転じ、最後はデ・ブライネが豪快にミドルシュートを叩き込んだ。この時点で、防戦一方のレスターの敗戦は決まったようなものだった。