2017.11.15

イタリア敗退は番狂わせじゃない。
いずれ露見するはずだった才能の枯渇

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

 90年代以降、フランス、スペイン、ドイツが育成に力を入れ、現在までの間に目に見える成果を挙げてきた。そして、これらの国にイングランドが続こうとしている現在、旧態依然とした体質のイタリアだけが取り残されようとしている。

 イタリアがいないW杯を見るのは、あまりに寂しい。それが現実のものだとは、にわかに信じがたい気持ちがないわけではない。チームスタッフに抱きかかえられるようにして、泣きながらテレビのインタビューに向かうキャプテンのジャンルイジ・ブッフォンを見ているのは切なかった。

 だが、この結末は決して番狂わせではなく、不運の一言で片づけられる出来事でもない。遅かれ早かれ、いずれこの日はやってきた。残念だが、そう考えるのが妥当なのだろう。試合終了のホイッスルと同時に耳をつんざくほどに鳴り響いたブーイングや指笛は、イタリアが変わるきっかけになるのだろうか。

◆ベルギー戦に見るハリルの限界。イタリアみたいに日本も危ない>>

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事