2017.11.02

香川真司、まさかの代表落選について
率直に語ったコメント「ほぼ全文」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 アポエル戦の香川は、中盤で攻撃を作りながら、ゴール前にも頻繁に顔を出した。得点こそなかったが、アシストも含めてチームの中心としての働きを見せたことに異論はないだろう。

 だが試合はアポエルに追いつかれて1-1のドローに終わった。ドルトムントは最近6試合でわずか1勝。しかもその1勝はドイツ杯での格下相手の試合と、苦しい状況に追い込まれている。試合後、選手たちは仏頂面でミックスゾーンを通り過ぎていった。しかし、大方の選手が去ったあとで登場した香川は、思いのほかハキハキと試合について語り始めた。

「勝たなきゃいけなかったので、すごく残念でした。相手が11人、自陣に戻るので、前半は難しかったですけど、ただ、やり続けていればスペースは生まれていた。やり続けたからこそ1点が生まれたし、ちょっとしたスペースが生まれる隙というのは感じ取れていたので、辛抱強くやれていたと思います」

 ひとしきり試合の話をすると、本題に入った。代表落選についてだ。デリケートな話題だが、「代表に入らなかったことについて。正直、驚いているのだけど」と、ストレートに切り出してみた。

 香川は「うーん」と2度発すると、苦笑いを浮かべながら、それまでよりも強い口調で話し始めた。