2017.11.02

香川真司、まさかの代表落選について
率直に語ったコメント「ほぼ全文」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 目にも鮮やかなアシストだった。チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第4節、ドルトムント対アポエル(キプロス)戦の前半29分。左サイドに出たMFユリアン・ヴァイグルからのパスをペナルティエリア手前で受けた香川真司は、右足ワンタッチでゴール前に流す。すると走り込んだラファエル・ゲレイロはこれをネットに突き刺した。ドルトムントの先制点は香川の技術とスムーズな崩しが光るゴールだった。

「いい形であそこで張り込みたいな、あそこで受けたいなと思っていた。入り過ぎずにうまくいいポジションを取ることを意識した中で、すばらしいボールがきたので、いいボールが出せた。みんながリスクを負って前線に入り込んで、攻撃していかないと、相手の陣形も崩れないですから、そういう意味で素晴らしい崩しだったと思います。いいボールが出せたし、落ち着いていたし、(ゴール前が)見えていました。(ゲレイロが)いいところに走りこんでくれた」

チャンピオンズリーグ、アポエル戦にフル出場した香川真司 この日の香川を語るには、前日に発表された11月の日本代表メンバーに香川が選ばれなかったという文脈を踏まえる必要があるだろう。ハリルホジッチはその理由として、コンディションや10月の代表戦のパフォーマンスを挙げているだけに、この試合では活躍しないわけにはいかなかった。目にものを見せてやるという思いのこもった一戦だったはずだ。