2017.08.22

「汗かき役」から脱却へ。
岡崎慎司、次はマンU戦で開幕3連発なるか

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 岡崎慎司という選手は、こうやって階段をひとつひとつ上がってきたのだなと、そう感じさせる第2節・ブライトンとの一戦だった。

 試合開始から52秒で先制点を挙げると、16分には相手のミスを拾ってFWジェイミー・バーディーにラストパス。イングランド代表FWのシュートがミートせずにアシストとはならなかったが、41分にもバーディーのクロスボールに左足で合わせてゴールを狙った。特に前半は危険な匂いを放ち続けていた。

開幕2戦で早くも今季2ゴール目をマークした岡崎慎司 その理由はいったいどこにあるのか。岡崎は「リスクを恐れずトライを続けること」を今季の目標に掲げているという。

「積極的に前を向くプレーがゴールにつながっていると思う。(シュートが)外れてもいい気持ちでやっているんで。まあダメだったら、次の試合には出られないぐらいの気持ちで。

 ミスが割と多くなってきているとは思うけど、それもポジティブに捉えている。今年のキャンプからミスを覚悟してプレーしている。最初は(チームメイトから)溜息のように『えっ~』みたいな......。でも、それに慣れてくると、リスクを冒すプレーに変わっていって。ミスしても結果さえ出せれば(周りも)『何も言えないやろ?』って。守備もしながら、リスクを冒していくって感じです。昨季より相手の裏にガンガン走り込むことができている」