2017.05.24

岡崎慎司のプレミア2季目は不完全燃焼。
いまだ絶対的な存在になれず

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 最前線には、チームの絶対的存在で得点源のFWジェイミー・バーディーが控えている。たとえば、バーディーと一緒に岡崎が前線に残ってゴールをひたすら目指せば、チームの陣形バランスは必然的に悪くなる。守備陣に難を抱えるレスターであれば、なおさらのことだ。

 かといって守備に重きを置いても、チームがリードされる展開になれば交代を命じられる。守備をこなしていれば、チャンスの数は当然少ない。でも守備を怠れば、チームが失点して途中交代の可能性が高まる。もちろん試合には出たいし、ゴールも決めたい。さまざまな考えが交錯し、そして悩み抜いたシーズンだった。

 では、レスターで絶対的な存在になるためのカギはどこにあるのか。岡崎によれば、その答えは現時点で見つかっていないという。

「(答えが)見えていないので、今のプレーを続けるしかない。そこで点を獲っていくしかないと思う。『今の役割のなかで(掴んでいく)』というのが答えなんですけど、やっぱりそのためにはゴールのところで自分に期待してもらわないといけないし、僕もその期待に応えないといけない。ただ、(どうすればいいのか)いろいろと見えていない。自分ではこう分析しているけど、最終的には(答えが)見えていない」