2017.05.21

悩み深める岡崎慎司。
「スーパーゴール」直後の試合でも45分交代

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 レスター・シティの岡崎慎司が、またしても前半の45分間だけで交代を命じられた。

 5月18日に行なわれたトッテナム・ホットスパー戦でプレミアリーグ4試合連続となる先発出場を果たすも、チームが2点リードされて迎えたハーフタイムで退いた。代わりに投入されたのはFWのイスラム・スリマニ。だからといって、レスターはまったくと言っていいほど試合の流れを変えられず、最終的に1−6の大敗を喫した。

先発した岡崎慎司はまたもハーフタイムでの交代となった 6失点は今季最多で、内容もトッテナムに試合の主導権を完全に握られたうえでの惨敗であった。「後手に回ると、レスターは厳しい。しかも、相手はリーグトップクラス。すごいやられっぷりだった」と、岡崎も肩を落とした。

 試合序盤から、トッテナムは気持ちよくパスを回した。レスターは前方からプレスをかけようとするも、トッテナムはその圧力をうまくかわしていく。こうなると、レスターとしては厳しい。プレスは空回りし、得意のショートカウンターも発動できなかった。

 そして、劣勢のチームのなかで埋没するように、岡崎も存在感を示せずにいた。しかし、パフォーマンスがふるわなかったのは、レスターの選手全員にも言えたことである。にもかかわらず、真っ先に交代を命じられたのが岡崎だった。