2016.11.07

長谷部誠と大迫勇也。ブンデスで好調な
2人は勢いを代表に持ち込めるか

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by Getty Images

「あまり後ろの(ポジションの)感覚に慣れると、中盤に戻った時に判断が遅くなったりしてしまうので、その辺はしっかりやらなきゃいけないかなと思います」

 フランクフルトではリベロとして称賛を浴びているものの、日本代表でも同じポジションでプレーすることは現段階では考えづらく、ボランチとしてのプレーが求められることになる。長谷部自身はボランチとしてプレーすることに不安はないようだ。

「そこに関しては切り替えてやっていく部分だと思いますし、それは経験でカバーできるところだと。代表に行けば、リベロとかそういうところに出る可能性はほぼないですから。初戦もフレンドリーマッチで、どういう方法でやるか分からないですけど、練習からそういう(ボランチとしての)フィーリングを、すぐ取り戻せると思います」

 チームで好調を維持している長谷部は、その勢いを代表にも持ち込むことができるだろうか。

 一方、ひさびさの代表復帰となった大迫も、代表ではクラブと異なるプレーを求められることになる。FWとして起用されることになりそうだが、ケルンと同じ2トップで起用されるとは限らないからだ。