2016.08.18

清武弘嗣を欠いてバルサに完敗。開幕直前、セビージャは大丈夫か

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kasamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 カンプノウで行なわれたスペインスーパーカップ第2戦バルセロナ対セビージャは、3対0でホームのバルセロナが勝利し、2戦合計5対0となり、バルセロナが12度目の同タイトルを獲得した。ここまで公式戦2試合連続フル出場だった清武弘嗣は、ベンチ入りをしたものの、体調を考慮されてこの試合を欠場した。

バルセロナ戦を前にアップする清武弘嗣(セビージャ) スペインサッカー2016~17シーズンの最初のタイトルを決する試合の開始時間は、日本では考えられない23時。一番の理由はチャンピオンズリーグ予選と試合時間が重なることが禁止されているからだが、後半が開始する頃には時計の針は24時を指し、バルセロナの地下鉄の最終電車は発車してしまった。

 街の中心まで歩けばゆうに1時間はかかる場所にあるカンプノウ。残された帰宅手段は長い列を作りタクシーに乗るか、息もできないほどぎゅうぎゅう詰めの深夜バスに乗るしかない。それでもカンプノウに集まった7万を超えるファンは、帰宅の時間や方法などを考えることはなくバルセロナが主役のスペクタクルな夜を楽しんでいた。

 バルセロナは放出候補に挙げられていたアルダ・トゥランが2得点と自身の価値をあらためて見せつけただけでなく、リオネル・メッシが格上という言葉がどういうものかを説明する1得点1アシストの活躍でチームを牽引。