2016.06.28

予想外の展開。イタリアが強かったのか、スペインがひどすぎたのか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by Nakashima Daisuke

 イタリアがうまく戦ったのか。それとも、スペインがひどすぎたのか。

 恐らく、そのどちらも正解なのだろう。

 ユーロ2016決勝トーナメント1回戦最大のビッグマッチとなったイタリア-スペインは、2-0でイタリアが完勝。同じ対戦だった前回大会決勝での屈辱(0-4の大敗)を晴らした。

前回王者のスペインに勝利し、歓喜のイタリアチーム スコアだけを見れば、十分に予想可能な結果ではある。前半のうちにイタリアが先制し、後半ロスタイムに追加点。いかにも起こりそうなイタリアの勝ちパターンだ。

 しかし、内容に目を向ければ、予想とはまったく反するものだったと言っていい。

 試合前に予想できたイタリア勝利の展開は、大まかには次のようなものだ。

 スペインがボールを支配し、攻め続ける。それに対し、イタリアは守りを固める。攻めながらもなかなかゴールが割れないスペインに、焦りが生まれた一瞬のスキをついて、イタリアがカウンターから得点する。あるいは、カウンターからの攻撃で得たFKやCKを生かして得点する。そんな試合展開である。