2016.06.23

「戦術はC・ロナウド」のポルトガル。頼みのエースは覚醒したのか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by Hara Etsuo

 だが、ポルトガルは落胆することなく、失点するたびに奮い立った。

 なかでも出色だったのは、やはりロナウドである。グループリーグ敗退の危機からチームが救われたのは、彼の2ゴール1アシストによるところが大きい。時折、うまくいかない苛立ちを見せながらも、まさに獅子奮迅の活躍を見せた。

 相手DFと競り合いながら、巧みにヒールキックで流し込んだチーム2点目のゴールもさることながら、チーム3点目となるヘディングシュートは見事だった。

 高くジャンプしてから体を強くひねってヘディングし、ふわりと浮いたクロスにしっかりと力を加えてゴールの逆サイドに叩き込む。DFより先にボールの落下点に入れたとしても、こんな芸当は誰にでもできるものではない。ヘディングシュートをGK正面にぶつけてしまうのが関の山だ。

 この日のロナウドは、レアル・マドリードで見せる左ウイング的なプレーはほとんど見せなかったが、その一方で、センターフォワードに徹したときの彼がどれほど怖いかを存分に見せつけた。

 率直に言って、ポルトガルに組織や規律といった要素はあまり感じられない。ふたりの選手で構築できるワンツーやスルーパスくらいはさすがに使えるが、3人、4人と次々連動するような動きはまったくと言っていいほど見られない。