2016.06.23

16強最後のイスはアイルランド。イタリアの「主力温存」は吉と出るか

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

後半40分、決勝点を挙げたブレイディに殺到するアイルランドイレブン 決勝トーナメント16番目のイスに滑り込むのはどこか。

 各組の2位以内、計12チームと各組3位の中で成績のよい4チームで、ベスト16以降を争うユーロ2016。グループリーグ3週目の最終マッチを前に、14チームが16強入りを決めていた。この時点でまだ当落が確定していないのは、イタリアを除いたE組の3チーム(ベルギー、スウェーデン、アイルランド)と、その結果次第で(スウェーデンとアイルランドが引き分けた場合)、16入りが転がり込むトルコの計4チーム。

 イタリア対アイルランドは、ベルギー対スウェーデンと同時刻(現地時間22日21時)にキックオフされた。

 ベスト16入りの争いと同時に注目されたのが、この争いに関係がないイタリアの戦い方だ。E組首位のイタリアは、前日クロアチアに敗れD組2位になってしまったスペインと決勝トーナメント1回戦(6月27日・サンドニ)で対戦することが決まっている。

 イタリアにとってこのアイルランド戦は、スペインとの大一番に備えた戦いでもあった。メンバーを大きく変えて臨む方法と、従来のメンバーを主体に戦う方法と。やり方は大きく分けて2つある。大きく変えて臨めば、主力選手を休ませることはできるが、流れを変えてしまう恐れがある。反対に従来のメンバーを主体に戦えば、決勝まで最大7試合戦うことを考えた時、最後にメンバーのやりくりが苦しくなる。