2016.03.13

ヘタフェを粉砕。「史上最強」バルセロナを止める手立てはないのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

「世界最高のカウンター」

 バイエルンのジョゼップ・グアルディオラは、ルイス・エンリケ率いるバルサについてそう語っているが、そこに「今シーズンのバルサに止める手立てがない」理由がある。スペクタクルなボール回しはかつてより低下したが、カウンターで勝利するプレー効率は飛躍的に高くなった。リスクをかけてボールプレーをすることがないため、付け込む隙がなくなったのだ。

 そしてMSN(メッシ、スアレス、ネイマールの頭文字をとった攻撃トリオ)が敵陣を蹂躙(じゅうりん)する。とりわけメッシは超人の感が漂う。攻めあぐねたとしても、メッシが魔法の杖を振り、どんなに固く鍵がかかった扉も開けてしまうのだ。

「メッシのようなフットボーラーはもはや出てこないのではないか」(イニエスタ)

 では、バルサの逆手を取る策はどうか?

 それはラージョ・バジェカーノ、ラス・パルマスが見せた戦いで、彼らはバルサ得意のポゼッションをその対抗策に用いている。ポゼッションによってバルサの選手を走らせて消耗させ、「ボールを持てないストレス」で苦しめる。実に挑戦的で、スペクタクルという意味で一つの成果をあげた。ラージョは後半途中まで拮抗し、ラス・パルマスも勝っておかしくない内容だった。ボール支配率ではほぼ互角で、バルサを相手に一歩も退いていない。