2016.02.23

監督の信頼が「厚すぎる」長谷部誠。ボランチとして勝負の1週間

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by Getty Images

 慣れないポジションでのプレーだということを考えれば十分に及第点の内容だった。しかし、本人としては無難なプレーに終わってしまった印象が拭えないようだ。

「もちろんポジションが試合によって違う中で難しい部分はありますけど、今日みたいにこなすプレーじゃなく、チームが勝つために貢献するプレーというのをもうちょっと求めたいと思います。もう一個上に行くためには、自分でそういうところを求めていかないといけない。あまりやったことがないポジションだからしょうがないと考えてしまうと、それ以上は望めないので」

 確かにいまのチーム状況を考えると、バランスを考えて無難なプレーに終始しているだけでは十分とは言えない。チームを勝たせるために、もう一つ踏み込んだ動きが必要になってくる。分かりやすいところで言えば、ゴールに絡むプレーだ。今節ボランチとして出場したマルコ・ルスは本来CBの守備的な選手だが、攻撃の場面では積極的にクロスに飛び込んでいくシーンが目立った。

「このチームはボランチが結構前にいて、センタリングに対して入っていくとか、そこまで求められているので、そういうプレーを監督が求めている部分はあります。(中盤で一緒に)組む選手によっても違いますけど、自分は後ろに残っているという風になると思う。ただ、そこの(ゴール前に入っていく)部分は自分も求めていかなきゃいけないというか、自分がもう一歩上に行くためには大事かなと思います」