2016.02.23

監督の信頼が「厚すぎる」長谷部誠。ボランチとして勝負の1週間

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by Getty Images

 今週は長谷部誠(フランクフルト)にとって勝負の1週間になるかもしれない。

 今シーズンここまで、長谷部は主に右SBとして起用されてきた。チームには本職の右SBがいるものの、アルミン・フェー監督を満足させることができず、ボランチが本職の長谷部の方が良いパフォーマンスを見せていたからだ。

ハンブルガー戦では左SBでフル出場した長谷部誠 しかし、チームは冬の中断期間中に新たな右SBヤンニ・レゲゼルを補強し、長谷部が出場停止となった第20節から3試合連続で先発している。長谷部はというと、第21節ケルン戦はボランチとして出場したものの、第22節ハンブルガー戦は左SBバスティアン・オチプカが出場停止だったために、その穴埋めとして左SBで出場せざるをえなかった。

 しかし次節シャルケ戦、左SBのオチプカは出場停止が明け、右SBではレゲゼルが起用される可能性が高い。ここまでの長谷部は、ある意味で都合よく使われる立場であったものの、少なくとも右SBとしての出場機会は保証されている状態だった。つまり今週は、ようやく本職のボランチで勝負できるようになった一方で、ポジション争いに敗れれば出場機会を失うという緊張感に包まれた日々を送ることになる。長谷部はこの1週間をどのように過ごすのだろうか。