2016.01.25

初戦はベンチも、山口蛍がハノーファーの力となるときは近い

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by AFLO

 山口蛍がドイツ1部ハノーファーに移籍してからおよそ1カ月が経った。ハノーファーで初めての公式戦となるリーグ再開初戦、ダルムシュタット戦は出場こそなかったものの、メンバー入りを果たしベンチで戦いを見守った。

ダルムシュタット戦をベンチから見つめる山口蛍 もはや珍しくなくなった日本人選手のブンデスリーガ移籍だが、同一クラブに3人の日本人選手が同時に所属するのは初めてのことである。山口はなぜハノーファーへ移籍することを決めたのだろうか。

 その理由のひとつは、ハノーファーが最も早くオファーを出したからだ。

「セレッソでの昨シーズンが終わりに近づいたとき、最初にハノーファーが声をかけてくれたっていうのはありました。もうちょっと時間をかけてギリギリまで(他クラブからのオファーを)待てば、他のチームっていうのも、もしかしたらあったかもしれないですけど、やっぱり最初に声をかけてくれたので」

 2014年のブラジルW杯に出場して海外挑戦への想いを強くした山口には、移籍の可能性がありながらもなかなか実現には至らなかった。日本代表ではロシアW杯予選4試合に先発出場し、主力として活躍しているとはいえ、昨年はセレッソ大阪の一員としてJ2でプレーした。