2015.12.16

バルセロナが消える可能性も? CLラウンド16注目の3カード

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi  photo by AFLO

 12月14日、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会がスイス・ニヨンで行なわれ、ラウンド16の全8カードが決定した。

【CL決勝トーナメント1回戦・対戦カード】
ゲンク(ベルギー)vs.ヴォルフスブルク(ドイツ)
ローマ(イタリア)vs.レアル・マドリード(スペイン)
パリ・サンジェルマン(フランス)vs.チェルシー(イングランド)
アーセナル(イングランド)vs.バルセロナ(スペイン)
ユベントス(イタリア)vs.バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
PSV(オランダ)vs.アトレティコ・マドリード(スペイン)
ベンフィカ(ポルトガル)vs.ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)vs.マンチェスター・シティ(イングランド)

バルセロナの最強3トップ「MSN」。左からスアレス、ネイマール、メッシ なかでも注目を浴びているのは、豪華な対決となった3つのカードだ。優勝候補筆頭と目される前回王者のバルセロナ対アーセナル、同じく優勝候補のバイエルン・ミュンヘン対昨シーズン準優勝のユベントス、そして3シーズン連続して決勝トーナメントで顔を合わせることになったチェルシー対パリ・サンジェルマン(以下PSG)である。

 まず、バルセロナ対アーセナルの一戦は、大手ブックメーカーの優勝予想でもトップに立っているバルセロナに対し、薄氷を踏む思いで臨んだグループステージ最終節で逆転2位通過を果たしたアーセナルが挑戦する――という図式となる。

 言うまでもなく、現在のバルセロナにとって「最大の武器」は、昨シーズン3冠達成の原動力となった最強3トップ――"MSN"だ。これまで、リーグ戦ではネイマールがリーグトップの14ゴールをマークし、ルイス・スアレスも13ゴールでそれを追う。さらに故障で2ヶ月ほど戦列を離れていたエースのリオネル・メッシも、復帰後はCLと国内リーグを合わせて5ゴール3アシストと絶好調。現在故障中のネイマールも復帰間近と見られているだけに、アーセナルにとって「M(メッシ)S(スアレス)N(ネイマール)」が鬼門となることは間違いない。