2015.10.16

W杯南米予選、波乱の開幕。メッシ不在アルゼンチンの苦境

  • 三村高之●文・写真 text&photo by Mimura Takayuki

 南米でも2018年W杯予選が開幕、10月8日と13日に第1節、第2節が行なわれた。そして第1節は、ブラジルとアルゼンチンの二強が揃って敗れるという波乱の幕開けとなった。

 ネイマールを出場停止で欠くブラジルは、7月にコパ・アメリカを制した南米王者のチリとアウェーで対戦し、0-2で敗れた。試合後、ブラジルのドゥンガ監督は、「1点目を取られるまでは互角の戦いだった」と語ったが、これは裏を返せば、試合全体では内容でもチリに劣っていたことを認めたことになる。

 元ブラジル代表のロナウドは、「ブラジルは予選突破で苦労するだろう。それはチームの問題ではなく、他の国によってもたらされる」と、南米諸国のレベルアップがブラジルを脅かしていると見ている。もはやブラジルという名前は脅威ではないということか。しかし第2節は格下のベネズエラをホームに迎え、3-1で快勝してひと安心。次節からは頼みのネイマールも復帰する。

W杯予選初戦、アルゼンチン守備陣を切り裂いたバレンシア(エクアドル) 同じく第1節、前回W杯準優勝にして現在FIFAランキング1位のアルゼンチンは、ホームでエクアドルに0-2で敗れるという大失態を演じた。