2015.10.05

香川真司も認めた「力の差」。ドルトムント、バイエルンに完敗

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ドルトムントがバイエルンに大敗した。

バイエルンのシャビ・アロンソと競り合う香川真司 バイエルンの独走を誰がどう止めるか。それはいつだってブンデスリーガの話題のひとつだが、今季はとりわけ大きなテーマとなっている。

 現在バイエルンは3連覇中。4連覇となればブンデスリーガ史上初の快挙となる。開幕前のスーパーカップでバイエルンを下し、最大のライバルと見られたヴォルフスブルクはすでに2敗。やはりチャンピオンズリーグ出場組のボルシアMGは開幕5連敗を喫し、監督交代まで行なった。そこで期待を集めたのがドルトムントだ。

 昨季は早々にドルトムントが転んだことで、バイエルンの独走を許した。12~13、13~14シーズンは、バイエルンが優勝したもののドルトムントは食らいついた。その前2シーズンはドルトムントに軍配が上がっている。さらにさかのぼると09~10はバイエルン、08~09は長谷部誠のいたヴォルフスブルクが優勝している。バイエルンの優勝がせめて1シーズンおきくらいでなければ、ブンデスリーガ自体への興味が醒めてしまうのだ。

 ヨーロッパリーグ(EL)3次予選を含めて開幕11連勝と好調な滑り出しを見せたドルトムントに期待がかかるのは当然のことだった。だがドルトムントはリーグ戦では5連勝ののち2引き分け。このバイエルン戦を見越して、香川真司、オーバメヤン、ギュンドアン、フンメルス、ソクラティスという5人の先発組を残して臨んだ3日前のEL、PAOK戦でも引き分けた。3戦連続引き分けでミュンヘンに乗込むのは不安が残った。