2015.10.02

香川真司EL欠場。ドルトムントの視線はバイエルン戦へ

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by AP/AFLO

 ヨーロッパリーグ(EL)第2節、ギリシャに乗り込んだドルトムントはPAOK(ギリシャ)に1-1と引き分けた。これで勝ち点4となりC組の首位に立った。

 リーグ戦を含めて3試合連続の引き分けは、今季開幕から連勝していたことを考えれば決していい流れとは言いがたい。それでもトゥヘル監督は「全体的にパフォーマンスには満足している。最終的には勝利に値した」とポジティブに捉えていた。

ヨーロッパリーグPAOK戦に引き分けたドルトムント そもそもこの一戦、ドルトムントは博打に打って出ていた。今週末のバイエルン戦に備え、香川真司に加え、フンメルス、ソクラテス、ギュンドアン、オーバメヤンと主力中の主力5人をドイツに置いてきたのだ。疲労と日程を考慮してのことだというが、このPAOK戦にあまり重きを置いていなかったと考えることもできる。

 たとえここで星を落としても問題ない。また、仮にELで上位に進出できなかったとしても、リーグ戦を上位でフィニッシュできれば、もっといえば今季も好調なバイエルンと対等に渡り合い、優勝を目指すことができれば、そちらのほうにプライオリティがあると、はっきり示したということ。ELの存在とは、ドルトムントにとってその程度だということだ。