2015.08.31

武藤嘉紀のゴールはマインツ指揮官の「理解」から生まれた

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 2得点した直後だからということもあるだろうが、ベタ褒めだった。

 武藤も指揮官への感謝を口にした。前節ではオフサイドを繰り返したが、それでも指揮官は「それは悪くない」と言って鼓舞し続けたのだという。結果的にこの日は味方とコミュニケーションが取れるようになり、オフサイドは減った。

「監督があれだけ『良い動きをしてたから繰り返せ』と言ってくれたおかげで、ああいうゴールが取れたのだと思います。コミュニケーションもこの1週間でだいぶ取れるようになってオフサイドも数少なくなりましたし、かなり良いコンビネーションを作れたんじゃないかと思います」

 今は全てが上手く転がっている。そんな雰囲気だった。

 気の毒なのは対戦相手、ハノーファーの酒井宏樹だった。2連敗とあってがっくり肩を落として酒井は語る。

「いつもクラブと代表の切り替えが上手くできないので、代表もしっかり責任感をもってやりたいと思います。できればよい気持ちで行きたかったですけど、ヨッチ(武藤)とまた正反対の関係になってしまった。(武藤は)すごい勢いでうまくできていたと思います。メディアの方の期待が大きかったと思うので、同じ日本人としては良かったと思います。といっても、自分のほうが大変な状況なので……頑張ります」

 2人の明暗はくっきり分かれたが、試合後はともに代表に合流するため、日本への帰路についた。

武藤嘉紀 の記事一覧>


関連記事