2015.08.28

乾貴士、エイバル移籍。鬼門の地スペインで戦うには何が必要か

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AFLO

 8月26日、日本代表MFでドイツ、フランクフルトに所属していた乾貴士がリーガエスパニョーラ、エイバルとの契約にサインした。前日にメディカルチェックを済ませ、契約期間は3年間。スペインの大手スポーツ紙、マルカは「両サイドでプレーできるウィング」と紹介し、移籍金は50万ユーロ(約7千万円)とも伝えられる。

フランクフルトからエイバルに移籍した乾貴士 乾が新天地に選んだエイバルは一昨季に2部で1位となり、クラブ史上初の1部昇格を成し遂げている。スペインの北、バスク地方にある人口2万7千人の町の小さなクラブで、本拠地イプルーアの収容人数は5250人。もともとは炭鉱夫たちが作ったチームで、絆と共闘精神で歴史を紡いできた。昨季1部に昇格するまで、真冬でも氷水に入り疲れを取る伝統があったように、質素で慎ましく、華やかさとは縁遠い。

 早い話、リーガで一番貧乏なクラブである。

 2014~15シーズンの年間予算は約1800万ユーロ(約25億円、2部に在籍していた2013~14シーズンは320万ユーロ)で、レアル・マドリードの約6億ユーロ(約816億円)と比較すると、30分の1以下の戦力になる。戦術も、リーガが全体的に精度の高いパスワークで崩すのに対し、エイバルは速さや強さや粘り強さを武器とし、むしろプレミアの下位チームに近い。