2015.08.07

EL予選では幻のゴール。香川真司が抱えているモヤモヤ

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 前線で先発した香川以外の選手は、オーバメヤンとロイスが1点ずつ、ミキタリアンがハットトリックと、揃って結果を出し、5-0で快勝した。これでドルトムントはヨーロッパリーグ、プレイオフ進出を決めた。

「前半は相手も引いていたから......難しかったですね」などと語る香川の表情は、当然ながら浮かないものだった。確かに前半は、引いた相手を攻めあぐねる、典型的な格下相手の試合となった。

 香川はこの試合、「逆サイドと、ボールを持ったときはサイドバック、サイドハーフとの関係を意識した」と言う。左右の揺さぶりとサイドからの攻撃で崩そうという戦術だったが、徹底的にゴール前を守る相手には機能しなかった。

 香川のポジションはトップ下。周囲と連動しながら、時に中盤に降りて組み立てに参加し、時に前線への飛び出しを見せた。香川以外の3人とのスピード感の違いに戸惑った昨季に比べると、時間とともに慣れてきたこともあり、その手のストレスはもはや感じていないように見える。

 香川自身は「最後の精度が合わなかったのはあるけど、まあ、これからかなという感じはします」と、まだ連係には少し時間がかかると見ているようだ。