2015.05.10

ドルトムント勝利。香川真司が見せたある「チャレンジ」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

「(シュートの)質、意識を高めないといけないですし、もちろんスルーパスを考えられる状況ではありましたけど、そこでみんなが引きつけてくれてたので、かわしてシュートを(選択した)。ちょっと慌てていたところもありましたが、ああいう判断をもっと徹底していかないといけないと思います」

 いつもの香川であれば、パスを選択していただろう。自ら突破していくという選択肢もあった。だがここは敢えてシュートを選択した。

 ミドルシュートに関しては香川も強く意識しているようだ。前節では「攻撃の起点にはなっていたが」と問われ、「やっぱりシュートがあってのパス。前半なんかは特にシュートを打てる場面があったと思っているし、そこは判断次第ですが、ペナルティエリア外でもそこの意識はしっかり持っていきたいと思います」と答えていた。

 結局、そのシュート自体は大きく枠を外れ、香川は思いきり悔しがった。試合展開がさほど緊迫していなかったからこそできたチャレンジだったのかもしれない。だがシーズン終盤になり、香川に新たなチャレンジの意欲が見えてきたのも確かである。