2015.03.30

CL、ELで全滅。イングランドサッカー退潮の理由

  • 杉山茂樹●文 text by Shigeki Sugiyama photo by Getty Images Sports

 ベスト8が出そろい、準々決勝が始まろうとしているチャンピオンズリーグ(CL)。その中にイングランド勢の姿はひとつもない。

 同じことは2シーズン前(2012~13シーズン)にも起きている。だが、その時は95〜96シーズン以来、17年ぶりの話だった。つまり、17年間起きなかった出来事が、ここ3年の間に2度も発生したわけだ。

 だがイングランドの問題はそれだけに終わらない。ユーロリーグ(EL)でも、イングランド勢は今季、1チームもベスト8に進むことができなかったのだ。CL(チェルシー、マンチェスター・シティ、アーセナル、リバプール)、EL(トットナム、エバートン、ハル・シティ)に出場した7チーム全てがベスト16で敗退。これは、イングランドサッカー界としては、94~95シーズン以来、20年ぶりに味わう不名誉な記録になる。

プレミアでは首位を走るチェルシーのモウリーニョ監督(手前から2人目) CL、ELそれぞれの準々決勝に勝ち残った合計チーム16の内訳を、UEFAリーグランキングの順に示すと次のようになる。

(1位)スペイン4
(2位)イングランド0
(3位)ドイツ2
(4位)イタリア3
(5位)ポルトガル1
(6位)フランス2
(7位)ロシア1
(8位)ウクライナ2
(9位)オランダ0
(10位)ベルギー1