2014.12.23

ブンデス前半戦終了。日本人12人はいかに戦ったか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 今季のブンデスリーガ前半戦が終わった。リーグ全体を振り返れば、ドイツ代表にブラジルW杯優勝によるある種の”燃え尽き症候群”のようなものがあり、その余波、しわ寄せを受けたチームがあったようにも見える。

 まず、昨季2位のドルトムントが17位でフィニッシュ。低調な戦いの原因は故障者の多さや戦術が読まれ出したことなどと言われたが、なかでもDFの中心フンメルスの不在が大きかったはずだ。無敗で首位を独走するバイエルンにしても、MFシュバインシュタイガーが長く離脱し、12月に入ってチャンピオンズリーグと最終節マインツ戦の2試合でようやくフル出場。逆にキャプテンのラームは11月に負傷で離脱した。代表でも主力中の主力だった選手たちには、W杯が何かしらの影響を与えたと言っていい。

17節バイエルン戦ではゴールをアシストした岡崎慎司(右・マインツ) 日本人選手に限って見ていくと、まず目を引くのは岡崎慎司(マインツ)の活躍だ。強度の打撲でベンチ外となった1試合をのぞきフル出場。8ゴール3アシストは立派な数字だ。ヒュルマンド監督は「どこにでも出没するファイターだ。ボールを奪えるところ、チャンスになりそうなところ、そしてゴール前では相手にとって危険なところを嗅ぎ付ける。彼は私のサムライだ」と絶賛している。

 とはいえチームは第9節以降勝ちがなく、現在12位。「チームは(前半戦の)後半、失速して満足してない。良いときも悪いときもあった前半戦。個人的には良いプレイを常に続けられてすごく自信になったが、チームを勝たすことができなかった」と、岡崎は収穫と課題を感じている。