2014.11.06

ドルトムントCL4連勝。香川真司に今、課されている役割

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 ドルトムントがチャンピンズリーグ(CL)無傷の4連勝で、1次リーグ突破を決めた。ブンデスリーガでは5連敗中でまさかの17位に沈んでいる一方、CLでは4戦13ゴールと圧倒的な強さを見せつけている。同じチームとは思えない、なんとも不思議な現象が続いている。

ガラタサライ戦に出場した香川真司(左)とロイス そんなチームにあって、香川真司はクロップ監督から重用され、そしてファンからも相変わらず愛されているように見える。4-1で勝利したガラタサライ戦でも、後半18分に退くと、大きなスタンディングオベーションが送られた。他の交代選手に比べてひときわ大きな拍手は、純粋な彼への評価だろう。戻ったベンチでクロップは、香川を強くハグし、そのプレイを称えた。

 マンチェスター・ユナイテッドに移籍した3シーズン前のプレイと比べると、どうしてもキレと感覚が戻らないように見える。例えば立ち上がり、ロイスから強めのパスを受けたが、コントロールしきれなかったシーンがあった。以前だったら、ワンタッチでディフェンスの間を抜け出し、あっというまにGKと1対1になる。そんなイメージがわくのだが、最近はそういうシーンがほとんど見られない。ゴール前に強引にドリブルでしかけることも少なくなった。映像で見るとそれなりにプレイしているようにも見えるが、スタンドで見る限り、迫力に欠けている気がしてならない。

 それでも相変わらず高い評価を受けているのには理由がある。香川は2トップに近い形で、4-2-3-1のトップ下でプレイすることがほとんどで、前線のオーバメヤンのスピードや、ロイスの技術とシュート力を生かす、パスの出し手として機能している。現状、チームにパスを出せる選手がいないという台所事情もある。この日の先発を見ると、ボランチのベンダーとケールは2人とも守備的なタイプ。右MFのミキタリアンはボールを持てるが、仕掛けを得意とするタイプで、香川の存在が貴重なものになるというわけだ。