2014.06.12

W杯モードに突入。現地ブラジル、治安の実態は?

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi photo by Getty Images

 また、日本戦が行なわれるレシフェ、ナタール、クイアバは、いずれも最低気温が20度以上の暖かさで、クイアバなどは日中の最高気温が30度を超えることもある。レシフェ、ナタールはスコールのような大雨に見舞われる日が多いので、湿度は高い。サッカー観戦には、合羽などの雨具が必需品となりそうだ。

 とにもかくにも、4年に1度のワールドカップが開幕する。

 果たして、サッカー王国で開催されるワールドカップの興奮はいかなるものなのか。今まで経験したことのない、史上最高のワールドカップを期待せずにはいられない。

関連記事