2014.02.02

マンUに残留。香川真司にもうチャンスはないのか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by GettyImages

 冬の移籍期間が1月31日で終了した。プレミア上位陣の中で最も出入りが激しかったのはチェルシーだった。スペイン代表MFファン・マタをマンチェスター・ユナイテッドに、ガーナ代表MFマイケル・エッシェンをミランに放出。一方でセルビア代表MFネマニャ・マティッチをベンフィカ(ポルトガル)から、エジプト代表MFモハメド・サラフをバーゼル(スイス)から獲得した。また、フィテッセ(オランダ)にレンタルしていた日系フランス人のMFガエル・カクタとイングランド人DFサム・ハッチソンを呼び戻している。今季、マタとエッシェンは出場機会に恵まれておらず、気のきいた補強と言えそうだ。

 逆にアーセナルや大物獲得の噂が流れていたマンチェスター・シティには目立った動きはなかった。結局、この冬最大の移籍は、マンUがクラブ史上最高額となる3700万ポンド(約65億円)で獲得したマタだったということになる。そのマンUも、それ以外の補強はないままで移籍期限を迎えた。

 マタの2試合目となったストーク戦。前節のファン・ペルシーに続いて、ルーニーやMFキャリックも先発に復帰し、いよいよ役者がそろった感のあるマンUたが、リーグ中位から下位をうろつくストークに1-2であっさり敗れた。2-0で勝利した前節のカーディフ戦。ガーディアン紙は「内容はこれまでと大差ない」としながら「ムードは変わった」と、マタ加入の効果を認めた。だがそのムードが早くも消えてしまいそうな痛い敗戦だ。香川真司とMFフェライニはチームと共に現地入りしたものの、ベンチメンバーを外れスタンド観戦となった。

ストーク戦でベンチ外となった香川真司(マンチェスター・ユナイテッド) 衝撃的な敗戦ではあるが、モイーズ監督就任以降、マンUがどれだけ"記録"を作っているか、BBC(電子版)がデータをわざわざ並べている。