2014.01.30

「ネイマール騒動」で会長が辞任。
今、バルセロナで何が起こっているのか?

  • 山本美智子●取材・文 text by Yamamoto Michiko photo by Rafa Huerta

 1月23日、バルセロナの会長、サンドロ・ロセイが唐突に辞任し、副会長だったジョセップ・マリア・バルトメウが会長に就任した。

 ことの発端は、「ネイマールの契約内容に不正があるのではないか?」と、本来バルセロナを支える側のソシオ(会員)がクラブを訴えたことにある。

バルセロナへの移籍時の契約内容が明らかになったネイマール クラブ側は、ネイマールの契約内容の開示を余儀なくされ、ひょんなことから、ネイマールの契約内容が明らかになった。この騒動はいったい何なのか。バルセロナで今、何が起こっているのだろうか。

 現在、争点となっているネイマールの移籍金について、バルセロナは変わらぬ姿勢を貫いている。その移籍金額はあくまでも「5710万ユーロ」だとクラブ側は主張。一方、今回の騒動の発端となったエル・ムンド紙などによれば、ネイマール獲得にかかった実際の金額は「9500万ユーロ」。移籍金以外の支払いとして、契約金、エージェントへの手数料などがあり、その合計が9500万ユーロになるという。レアル・マドリードのベイルの移籍金が約1億ユーロだったにもかかわらず、ネイマールの移籍金が5710万ユーロですむはずがない、という報道もある。

 また、バルサの大半の選手と異なり、バルセロナがタイトルを獲得できなくても、ネイマールが1ゴールも1アシストも決めなくても、5年間合計で5670万ユーロが支払われるように契約が決められていることも明らかになった。さらに、ネイマールがバロンドール争いで3位以内に入った場合にはボーナスとして200万ユーロが支払われる。

 ほかに、今まで明かされていなかった項目として「サントスの原石を探す費用」名目で200万ユーロ、「クラブと広告の契約を結ぶブラジル企業探しの費用」に400万ユーロ、サンパウロのファベーラ(スラム街)に住む子供たちへの慈善事業費用として250万ユーロが、それぞれ代理人である父親とネイマールファミリーに支払われているとも言われている。