2014.01.29

マンUを変貌させたマタ。香川真司とココが違う

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by GettyImages

 マンチェスター・ユナイテッド史上最高の3700万ポンド(約62億円)の契約金でチェルシーから加入したマタ。この1週間、クラブ公式サイト、ツイッター、Facebookなどは関連記事であふれた。その扱いからも、記者会見で隣りに並んだモイーズ監督の心底嬉しそうな笑顔からも、どれだけ待望されてきた存在だったかが手に取るように分かった。「マタのデビューを見逃すな」と公式に謳うのだから、1月28日、カーディフ戦の先発は約束されていた。

マンチェスター・ユナイテッドに加入、デビュー戦を白星で飾ったマタ それ以外にも注目点の多い試合だった。ユナイテッドにとっては去年の11月以来のファン・ペルシーの復帰戦。その上、ルーニーも元日以来、ベンチに入った。そして敵将は元マンUのスールシャール。スタジアムは久々の熱気に包まれた。そして我々日本人にとっては、香川真司とポジションを争うマタが活躍できるかどうかが最大の見どころだった。

 ふたをあけてみればマンUは2-0で快勝、最下位を争うカーディフ相手ではあるものの、久々に相手に仕事をさせずに勝利した。マタの活躍によるというよりも、ファン・ペルシーが前線で体を張り、これまで代役を務めてきたヤングやバレンシアとは比べ物にならない精度でゴールに迫った点が勝利に直結した。昨季のリーグ優勝の立役者はファン・ペルシーであり、チャンピオンズリーグのベスト16で敗れたのもファン・ペルシーが活躍できなかったからなのだと、あらためて認識せざるを得なかった。

 先制点は前半6分。左サイドからのクロスにバレンシアが合わせ、バーにはじかれたところにファン・ペルシーがつめて押し込んだ。フィジカルの強さだけでなく、シュート技術の高さが光る。ここまでマンUに欠けていたピースが戻って来た。