2013.11.07

チェルシーに連敗。内田篤人「でもGKは責められないよ」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by GettyImages

「キーパーの難しさって、フィールドの選手にはわからない。1回のミスでああなっちゃうし。オレらは何回も彼に助けられてる。ハーフタイムに彼を責める声はなかった。FKも良いセーブしてくれたしね。毎日練習を見てるけど、あれはできないもん。朝から横に2メートルくらい飛んでさ。だからあれは誰も責められないよ」

 42分、再びヒルデブラントから攻撃が始まる際にエトーがしつこくプレッシャーをかけようとしたが、内田が間に入ることで防いでいる。

「エトーが“超”狙ってたから。ああいうところは周りが声をかけてあげないと」

 後半に入ってもシャルケにいくつかのチャンスはあったが、チェルシーはカウンターから2点を追加した。2点目は再びエトー、3点目はデンババと、得点を獲るべき選手に見事にやられた。

 チェルシーの強さを「結局勝つところ」と内田は表現した。「2試合続けて3-0だからね。力の差がないとは言えない」とも言う。だが、勝利した試合の後よりもむしろすっきりした表情だった。割り切ることで次へと向かう、ということだろうか。

「グループリーグは山あり谷あり。最終的に上に行ける位置にいれば……」

 内田は下を向くことなく、チャンピオンズリーグ決勝トーナメントへの意欲を口にしてスタジアムを後にした。

関連記事