2013.10.23

CLで完敗。チェルシーの試合運びに脱帽する内田篤人

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 木場健蔵●写真 photo by Koba Kenzo

 この日の結果により、シャルケとチェルシーは勝ち点6で並んだが、チェルシーが得失点差で上回り首位にたった。モウリーニョ監督は、3戦を終えてグループリーグの力関係も把握し、冷静にこの先を見つめる。

「初戦はゴミのような試合だった(バーゼルにホームで敗れた)。それを修正する必要があったが、その後アウェーで2連勝した。今はグループリーグ突破に向けて良い位置につけているし、首位突破も考えることができる」
 
 一方、内田は控えめにグループリーグの目標を口にしていた。

「粘って、最後に残れれば……」

 グループリーグはこのままチェルシーが独走しそうな感がある。シャルケは現実的には2位での突破を目指して残り3試合を戦うことになる。

関連記事